CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
七十一回 仏像彫刻教室

いよいよ本体に入りますぞ!午前&午後のフルでがんばります。

阿弥陀坐像です。

用意いただいた材料は木曽ヒノキの極上品です。

20cm角ほどに実に、168本のきめ細かな年輪がまっすぐ通っている。



保護テープを剥がすと、強烈な匂い。

その匂いは、木材というよりもラム肉のような、生き物臭い豊潤な香りがします。

この香りを嗅ぐだけで、メラメラしてきます。

まずは、金曲を使って、中心線を出します。

木の面は必ずとも垂直・水平とは限らないので、この中心線が命です。わずかでも狂うと、斜めになったり、仏さんが横を向いたりしてしまいます。

中心線から、一寸ごとに線をいれルービックキューブのようにします。



お手本には同じように、格子線が入っているので、これを手がかりに形を作っていきます。

大まかな木取り線をいれ、あとはひたすらノコギリでシャカシャカやります。

「ノコギリは引くときに力をいれ削ります。」

たしか木工の授業でならったような。そんなことすら、忘れています。

左右を落とし、全面を削り、徐々に角を削る。


:目盛り入れ完了。ここまでで約1時間。


結構な重労働。

明日から筋肉痛間違いなし。


:長時間の鋸引きで力が入りません。本日6時間の格闘。


Share |
| 仏像を彫刻する | 22:59 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
六十九回、七十回 仏像彫刻教室

今回から本体の予定でしたが、仕上げ不十分にて、改めて全体をチェック。 

こんな感じかな〜という師匠に確認をおねがしいます。

 ・髪の毛束と毛束の境目をはっきり
 ・筋彫りを境界までしっかり
 ・眉毛のカーブをスーッと鳥が羽ばたくように
 ・上唇の反り
 ・鼻筋、小鼻の作りをきちんと
 ・顎をすっきりと
 ・三道のたるみの厚みをだす

みっちりご指導いただきました。

もう完成ってことで、いいですか? いいですね!ね!ねね!

ということで完成です。(ということにします。) 主な課題としては、

 ・左右対象であること
 ・首が細くなりすぎたこと
 ・冠を追い込みすぎ、髪に食込みすぎたこと 

他にも細かいこと言えばまだまだいろいろありますが、 地蔵菩薩、阿弥陀如来とやってきて、 オレ上達してんじゃん!! 

 実は、師匠による修正がかなり、いやほとんど入っています。 

自分独力でどこまでできるのか・・・・・


:横から

:下から

:寝かせて

:菩薩、阿弥陀、地蔵。

:ぜんぶ並べてみる(制作順序は最右のお地蔵さんから←)


評価:
横内 裕人,佐々木 あすか,瀬谷 貴之,岩田 茂樹,藤岡 穣,山口 隆介
平凡社
¥ 2,625
(2010-11-15)
コメント:運慶、最高です。この一冊で運慶を満喫しましょう。

Share |
| 仏像を彫刻する | 21:02 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
六十八回 仏像彫刻教室
菩薩さんの髪の毛の筋彫り大詰め。

髻は、形が複雑です。

カーブに沿って毛筋を彫るのは至難の業であります。


特に、木端の部分などで突っかかると、筋と筋の境界の山がザクザクに。

なんともトホホな状態になります。

刃を通すときもヒネりながら、回す様に通すのがテクですが、簡単にはいきません。


「まあ、遠くから見ればわかんない、わかんないw」

テキトーに自分をごまかすも、精進が足りないことを痛感。

ということで、過去のブログ(→)を見返せば、

なんとゴールデンウィーク前に着手し、ようやくここまで到達できました。


これで一旦、区切ります。

ちょっとペースが遅すぎかも・・・?

いよいよ次回から本体、やっちゃいます






(おまけ)鎌倉写真レポ

文化の日、天気が良いので鎌倉へ。

まずは、気になるお土産事情@小町通り

:お約束の大仏サブレー

:激辛せんべいも大仏。

:デキは良い

そして長谷寺へお参り。

奈良県桜井市にある長谷寺は真言宗豊山派の総本山で、こっちは浄土宗系単立の寺院。
祭っている本尊は、徳道上人によって同木から造られた十一面観音という謂われですが、今のお寺は宗派が違うのですね。

:山門前の穏やかな顔の石像

:意外とキュートなキャラ

:山道の千手観音

:一番奥の展望場所より相模湾を眺望

:観光客をものともしない猫

:観音三十三応現身をコラージュしたマニア好みのクリアファイル



実はここのサラダドレッシングが、鎌倉に来た目的だったりします。

:問題のカップル・・・ではなくドレッシング

:激ウマです。3人前でも一人で食える。

:夕日が沈みます。見ればわかります。

:ちょっと外国っぽい

:そして昭和っぽい。
Share |
| 仏像を彫刻する | 22:05 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
六十七回 仏像彫刻教室
髪の毛に筋をいれていきます。

鉛筆でガイドを入れて5厘の一番細い丸ノミで一筋一筋掘ります。

髪の束1つがホイップクリームのようになります。





没頭していると我を忘れます。はっと我に返ると1時間ほど経過しています。

あ〜俺いま、彫ってるな。。

ということでこんな感じです。完成まであと少し!











■お知らせ

NHK・BS/熱中スタジアム「奈良・おとなの修学旅行〜仏像編〜」

毎度、マニアたちが集ってあーだこーだ語り合う番組、熱中スタジアム。

2010年10月15日(金)19時〜の放送は仏像です。

今回、疑寛颪里弟子さんメンバーに混じって小生も出ちゃってます。

30名の仏像ファンがスタジオに集結します!




■今週のこの1冊

『大仏をめぐろう』

大仏をめぐろう
大仏をめぐろう
坂原 弘康


熱中スタジアムでもご一緒した神社仏閣ライターである「まんじまる」こと坂原弘康さん渾身の一冊。日本中の「大仏」のみをフィーチャーした大仏めぐりのバイブル的内容です。

大仏とは釈迦の身長(といわれる)一丈六尺(約4.8m)以上の仏像を指しますが、この本では、奈良の大仏や鎌倉の大仏に代表される歴史的価値を持つ有名大仏はもちろん、昭和以後、日本全国で造られた数十メートルクラスのコンクリート仏像に登り、お胎内を巡り、その魅力を余すこと無く紹介しています。

高度経済成長の中、財力を手にした個人が、強い思い入れを持って、私財を注ぎ込み造営した巨大仏。

そんなどこか”あやしげ”な世界を堪能できます。
Share |
| 仏像を彫刻する | 16:19 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
六十五回、六十六回 仏像彫刻教室


仕上げが苦手で嫌いな私です。

ある程度形になってしまうと、もう満足してしまって仕上げに気合が入りません。

全てに刃を改めて通し美しく整える工程は、自分の技量と根気の足りなさが露呈します。

まあ、こんなところで許してください。おっししょうさ〜ん。




:宝髻の飾り作りはなかなか楽しかったりする


:ohh!シモブクレ!

■イベント

「東大寺大仏―天平の至宝―」

ついに、あの東大寺大仏が上野にやってくる!!







んなワケないか〜。

2010年10月8日(金)〜12月12日(日)の間、東京国立博物館/平成館にて開催されます。

さすがに文化財輸送の神様・海老名和明さんでも奈良の大仏を運んでくることは出来なかったようですが、会場ではVR技術を駆使したバーチャル大仏が登場するそうです。

で、もちろん多数の寺宝がやってきます。

八角燈籠、誕生釈迦仏立像、僧形八幡神坐像、重源上人坐像、国宝、重文、目白押し!

なんといっても国宝・不空羂索観音菩薩立像・・・・の光背!!

本体ではなく光背(笑)

マニアにはこれはこれで楽しみなんでしょうが、やっぱあのビックボディーが観たいものです。



そして今回のお楽しみは、

「東大寺公式フィギュア」!!

阿修羅展では話題をさらった公認フィギュア、今回は渋いですぞ。

誕生釈迦仏立像&月光菩薩とキタ!

製作は真打、海洋堂!

うーんと悩んで、誕生釈迦仏立像セットの前売券を買いました


:うーん、最高!

月光菩薩も・・ほしいな。

フィギャアは会場でも販売するそうです。
Share |
| 仏像を彫刻する | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
六十四回 仏像彫刻教室
じゃ、そろそろ目を入れます。

この瞬間が緊張します。



仕上げにはまだまだ時間がかかりますが、目を入れることによって人格(?)が宿るというか、やっぱり重要です。


鉛筆でもういちど全体のバランスを把握して、

「えぃっ!やぁっ!とぉっ!」

っと、やっぱり左右がズレちゃいました(笑)

だいぶ左目が釣り上がっております。






※左側が先生のお手本


■今週の仏本(ブツボン)

当たり前ですが、勤めをしているとなかなかふらりと奈良や京都へ見仏にでかけることはできません。身近なところで見仏欲求を満たすことはできないものか・・・

あるんですね〜東京にも。
その気になって探せば10メートル超えの十一面観音、国宝の普賢菩薩、7世紀に造られ時空を超えたお釈迦様などなど。

その気になった方々へ。東京近郊仏像めぐりを指南するこの2冊。



東京近郊仏像めぐり―日帰りで行ける!東京圏「観仏」ガイド (Gakken Mook)
東京近郊仏像めぐり―日帰りで行ける!東京圏「観仏」ガイド (Gakken Mook)
学習研究社

豊富な写真で見せる、魅せる、東京の個性豊かな仏像の数々。
さすがは学研!図鑑は学研。巻頭は仏像ガールさんの笑顔で!



東京仏像さんぽ (学びやぶっく)
東京仏像さんぽ (学びやぶっく)
宮澤 やすみ


仏像ソムリエである氏のお散歩見仏エッセイ(?)
上品な文脈でしっとり、まったりと東京見仏ができますが、そのソムリエとしての視点はスルドイです。

新宿太宗寺の奪衣婆像は夢に出そう・・・


Share |
| 仏像を彫刻する | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
六十三回 仏像彫刻教室


師匠どうですか?

・頭の幅はもう少し抑えて
・顎の長さを若干短くして、ラインを整える
・鼻の幅、目の間隔がきちんと確保できないと寄り目になってしまう
・首がどうにも細めになってしまいます・・・これ以上は細くしない
・冠に髪が食い込み気味で不自然
・後髪が刈り上げ気味・・・・

もろもろ点検して、アドバイスをいただき調整します。

一通り終えたところで、髪飾りを作ります。

何気に複雑な紋様をし、刃の手順を考えなければならない。
と、取りかかったところで

「グサリ」

自分の指を突いてしまいました;



さてさて前回ご紹介した、師匠による仏像彫刻の本、現物をいただきました。

教室で習っている順番どおり、

1)地紋彫り
2)仏足
3)仏手(開き手)
4)小さな地蔵菩薩
5)地蔵菩薩立像

という流れで、ひとつひとつの手順を写真とともに細かく紹介されています。

3)仏手などは25ページにわたって、各ステップが掲載されています。
次に、どの道具を使い、どのようなアプローチで、どういう形にすればよいかが克明にわかるため、非常にわかりやすいと感じます。

思い起こせば約3年前、初めて仏像教室(当時は中華ひかり内)を訪れ、中学以来?手にする機会がなかった彫刻刀を握り締めて、ガチガチになりながら指導を受けた、初日を思い出しますな〜。

それぐらい、丁寧な解説です。

僕らにとっては最高の教科書になります。
もちろん特別に、関 輝澄∈位 儀 両師匠のサイン入りです!

お求めはこちら→






Share |
| 仏像を彫刻する | 22:34 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
六十二回 仏像彫刻教室
いやー東京は梅雨明けし、空が真っ青ブルー(?)です。
朝6時に起床。洗濯してカレーを食べて教室に向かいます。

前回から一ヶ月近く間が空いてしまいました。
菩薩さんの続きです。



髪の線を入れ込んで行きますが、どうにも表情が気にくわない。
仕上げはまだ先ですが、気になって師匠に相談します。

「彫りがまだ足りないですね」

シャカシャカシャカ。

部品が中央に寄り気味でファニーフェイスだったものを、眼のアタリを入れなおし、
顎をわずかに削り落とす。



これだけでだいぶ良い感じになりました。
ありがとうございます!

■お知らせ■

なんと師匠実演、解説、監修の本ができます。(出た?)

本日、その中身をちらっと見たのですが、そんじょそこらの仏彫本とは違います!
手順ひとつひとつが写真とともに解説されているので、次にどの角度から彫り進めれば良いかがまるで指導いただいているように判ります。ここまで奥義(?)を見せちゃって良いものでしょうか?これはすごい本です。

彫刻刀で作る仏像 入門編
彫刻刀で作る仏像 入門編
関 輝
Share |
| 仏像を彫刻する | 14:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
五十八回〜六十一回 仏像彫刻教室
菩薩さんです。



お手本を見ながら、追い込んでいきます。



菩薩さんのシンボル、宝髻はまだ八角形。
ジュエルリングww



菩薩というか、公家さん的。



もうちょっと彫りこみます。
束ねた髪はやわらかく、流れを出さんといかんです。



もうちょい。


■おまけ■

ビッグニュースです!!

7月7日〜三井記念美術館(日本橋)にすごいのがやってます。

平城遷都1300年記念 奈良の古寺と仏像展 會津八一のうたにのせて:東京展

室生寺の釈迦如来坐像(!)、法隆寺の夢違観音、そして東大寺からは五劫思惟阿弥陀如来坐像などなど国宝、秘仏、総勢46仏のビッグスターがそろいます!


こりゃ何度も会いに行かねば。。
続きを読む >>
Share |
| 仏像を彫刻する | 23:22 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
五十六回/五十七回 仏像彫刻教室
つぶつぶ、彫っています。

つぶつぶ、1000個くらいあります。

つぶつぶ、1つ1つ角をとって仕上げます。

つぶつぶ、雑念込めて彫り進めます。

いままでに無いくらい、肩の凝りがあります。

不揃いなつぶつぶ。

トウモロコシのようです。







仕上げをもうちょっとガンバリマス。。

いよいよ仏頭パート3!

菩薩です。




Share |
| 仏像を彫刻する | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/7PAGES | >>