CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 2009春の奈良見仏ツアー(4日目)/法隆寺・法輪寺・法起寺・白毫寺 | main | せんとくんグッズ他、見仏みやげあれこれ >>
2009春の奈良見仏ツアー(5日目)/海龍王寺・元興寺・興福寺北円堂
今日で見仏1人旅も最終日です。

正午前には近鉄奈良駅前のバス停から名古屋行きの高速バスに乗ります。

最終日となれば、気が焦って、もうギリギリまで見ちゃおう根性が出てきます。


昨夜、ウガヤのオーナーさんに仏像情報をいろいろお伺いし、海龍王寺の十一面観音が開扉していると聞き、A-bikeに乗って朝一向います。

途中で吉野家で朝ゴハンに牛丼をかき込み、お寺に着いたのが8時。
まだゲートがあいてません。

なんだ一番乗りかと、オープンは9時まで時間をつぶしに近くの喫茶店へ。

美人なママさんが、すごく小さなおばあさんにホットサンドを作っています。
新聞を読んでいるとワイドショーでは忌野清志郎さんの追悼番組をやっている。
新聞をよみマッタリすごして、開門を待ちます。

海龍王寺・・・十一面観音・・・あっ!

去年、ちょうど1年前の見仏で来てました。開門直前で気づく(笑)

快慶作といわれるその十一面観音様は厨子にはいっていて、カーテンの奥から、しっとりと光り輝いています。

近づいて、膝を折り、下から見上げなければ、お顔が見えません。
そのため厨子の前にいくと床がギシギシと成り、自分の歩みの振動が十一面様の身体に伝わり、瓔珞がゆれます。
思わず、寝ている嫁を起こさないよう抜き足差し足で歩く自分になります。

堂内では、ご開帳にあわせて釈迦、涅槃、十二天を表した3点の掛物が展示され、こちらも素晴らしいものです。






:海龍王寺HPより

■元興寺の如意輪観音にはウイスキーが合う

そそくさと奈良へ戻り、同様にウガヤオーナーオススメの如意輪観音を元興寺に見に行きます。

元興寺はならまちの中心にあり、南都七大寺としても中心的な役割を担ったお寺ですが、
仏ガイドブックに載るようなメジャーな仏はないだろうと、実はこれまでスルーしていました。


阿弥陀浄土図(智光曼荼羅)を祀る本堂(極楽坊)は広く、簡素でひっそりとしています。
そして仏像が集まる収蔵庫へ。

お目当ての如意輪観音は、2Fに上がったところに厨子に入っており、更にアクリルのケースに入っています。

美しいです。


ポストカードにもこの如意輪さんを写したものがありましたが、実物がこれほど妖艶な佇まいとは!

暖色の小さなライトが左下からライトアップ効果がうまく効いています。

目がうるうるで、頬にあてた手、ゆったりと坐す姿。

これは持って帰りたい。

最近、この手の事件が多いので安易にこういう事は書かないほうがいいですが、今回の見仏ツアーで、自宅に置きたい仏ナンバーワンであること間違いなしです。

こんなステキな如意輪観音を自宅リビングに請来して、僕はウイスキーのグラスを傾けたい。






■そして北円堂アゲイン

ウガヤのチェックアウトまで残り30分。

最後にもう一度、運慶仏を拝んでおきたい。奈良見仏にはしばらく来れない。

急げー!とA-bikeを興福寺方面へ走らせる。

ひがしむき商店街、入ってすぐの右側に折れる坂を駆け上がると北円堂です。

さすがにGWの中日、時間的なこともあってか人が多い。

無著兄さん、また来たよ!

弥勒菩薩は相変わらずクールにまっすぐ前を見つめています。

世親さんは、うるうる瞳が潤んでいます。

それは、僕との別れを惜しんでいるかのようです。なわけないか。


:また来ます。





■リンク
海龍王寺
元興寺(がんごうじ)
興福寺北円堂
Share |
| 奈良・京都を見仏する | 22:56 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
やっと見仏記が完成しましたね〜。
すごく読み応えがあって楽しかったです〜!
四日目の穣虞梨童女さま、なんとも不思議な雰囲気の仏様ですねぇ・・・。
私もぜひ実物が見たくなりました。

ギリギリまで見ちゃおう根性!私もいつもそれです〜。
いつも危うく新幹線に乗り遅れそうになります・・。
来年はきれいになった唐招提寺と、あとは十一面観音さまの足を触りに(?)長谷寺に行こう!と今から決めています!

楽しい旅行記をありがとうございました。
またおいしい情報を教えてくださいね♪


| kaoru | 2009/05/17 8:50 PM |
こんばんは
ブログアップお疲れ様でした。
最後のぎりぎりまで名残惜しそうに見仏されていたのですね。

私なんかは折角、奈良に居ながら素通りばかりで何だか
申し訳なく思います。
これを機会に少しでも仏像に対して興味を持とうと思いました。

また奈良で再会できればいいですね。
では、お元気で。
| 鹿男 | 2009/05/17 10:50 PM |
kaoruさん

はい。
ダラダラと全日程書きました。
えらく時間がかかってしまって、後半は思い出すのに大半の時間がかかっています。次回はやっぱりノートPCを持って行きたいものです。

唐招提寺&長谷観音とはビックネーム&ビック仏!いいですね。僕も唐招提寺の金堂には是非リベンジしたくです。
| ちゃんぶ | 2009/05/19 12:45 AM |
鹿男さん

もうちょっと奈良の近くに住んでいればと思う反面、近くだと以外に行かなかったりするものですよね。
限られた時間だから機会だからありがたい。人の人生、一期一会。お会いできたのも何かの縁でありましょう。

と綺麗にまとめたところで。では。
| けんぶつ ちゃんぶー | 2009/05/19 12:48 AM |
海龍王寺の十一面、最高ですよねぇ!!
私も大好きです!
イケメン住職『イケ住』にはお会いになりましたか?

『ギリギリまで見ちゃおう根性!』
ヤッパリみんなそうなんですよねぇ。

去年の11月末に奈良に行った時も海龍王寺に行った後、『ギリまで根性!』で西大寺に行こうと思ったらバスが30分位遅れて、着いたのが閉門ギリギリでしっかり見仏できなかったのを思います。。
頼むぜ奈良交!!

一昨年、高野山に行った時には結局帰れなくなりもう一泊するハメになりしたよ。

ご利用、見仏はご利用は計画的に。。(笑)
| ウンケイ | 2009/05/21 2:00 PM |
ウンケイさん

どうもです。イケ住ですか(笑)
たぶんお会いしました。あの方以外は思いつかない・・

お寺は閉まるのが早いので、夕方近くになると「もう一件行けるか!?」と時間との勝負になりますね。

本当はもっとゆっくりお寺の趣とか味わったり、お寺の方ともゆっくりお話がしたいのですが、いつも焦ってますw

今回は極小自転車を持っていったので、バスなどの待ち時間もなく効率的に周れました。そのぶん余計にセワシナクなってしまうのですが。
| ちゃんぶー | 2009/05/23 8:23 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/956203
トラックバック