CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 2009春の奈良見仏ツアー(3日目)/大安寺・飛鳥寺・安倍文殊院・當麻寺 | main | 2009春の奈良見仏ツアー(5日目)/海龍王寺・元興寺・興福寺北円堂 >>
2009春の奈良見仏ツアー(4日目)/法隆寺・法輪寺・法起寺・白毫寺
今日は朝から斑鳩を攻めます。

斑鳩といえば法隆寺

法隆寺といえば聖徳太子であり、謎多き寺であり、
マスコットキャラクターはパゴちゃんです。


:ゆるゆる

そんなことは、ほって置いて朝の法隆寺は本当にすがすがしい。

真っ直ぐ続く参道、、シャープな仁王、簡素でシックな伽藍。
さすがは、日本における世界遺産の第一号。

いろいろひっくるめて、法隆寺=ジャパンなのです。

それだけに拝観料も1000円とガッツリ取られますが、世界遺産を守るため。

そして法隆寺は仏像の宝庫です。国宝だらけです。
元は十二分に取れます。


:仁王門へ向って参道を進みます

■見たくないようで、折角だから見ておきたい救世観音

仁王門(ジョジョ仁王尊)、左手の入り口から伽藍内に入ります。

金堂で止利仏師作釈迦三尊像&四天王、五重塔で塑造の群像を見て(実際には、内部が暗く、おまけに金網が細かすぎてほとんど見えませんが)、大講堂で薬師三尊像、大宝蔵院には百済観音をはじめとした寺宝の数々。もうお腹一杯。

東院伽藍へ移動し、夢殿本尊「救世観音」春の特別開扉を覗いておきます。

救世観音。聖徳太子の怨念を静めるための像とか考察(伝説?)があり、これまで写真で見るとちょっと不気味な印象を持っていましたが、やはり不思議な像です。・・長居は無用です。

前回はここから東院伽藍奥の中宮寺、弥勒菩薩半跏像を拝むことを何よりの楽しみに訪れたのですが、今回はパス。


ジョジョ立ちの仁王さま


:やっぱやめておこうかな・・


:この夢殿の中に、救世観音が


:ストラップの聖徳太子になぜかホッとする



続いてA-bikeで北へ約10分、法輪寺へ。

コンパクトなお寺さんで三重塔がシンボル。

講堂には4mのおめめパッチリ十一面観音を中心に8体の仏がステージに並んでいます。

必見は、秘仏妙見菩薩のお前立ち。北辰妙見とも言われ、北極星を表した仏像とか。

その大きさ40cm小さないど忿怒、四臂の迫力のある仏像です。
節分には星祭りという行事もあるとか。神事がルーツなんでしょうかね。







法輪寺から東へすぐ法起寺へ。

こちらも日本最古、最大の三重塔を持つお寺でこちらも本尊は十一面観音菩薩。

収められている収蔵庫はガラス張りでガラスに密着しなければ外光が反射して見えない。

みうらじゅん&いとうせいこう両氏「見仏記」でも「見せるなら見せろ、見せないなら見せない。どっちかにして!」と書いてあったような。

右手下には小仏9体が園芸の植木のような段にギュウッっと並べてあります。

!!!


穣虞梨童女?

ジョウグリドウジョ・・・初めて見る仏。

観音菩薩の化身であり、雪山の奥深くに住み毒に悩まされている人々の毒を抜く神といわれているそうです。

その姿は、童女という名はついていますが、童女ではなく、大人の女性で多面。手が4本、手に毒蛇を握ります。

遠目、ガラス越し、全体が黒っぽくなっていてよく見えないのですが、レアで魅惑的な仏です。


境内の休憩所で、腰掛けているとのどかな陽気に眠くなる・・

見仏記で2人は、この休憩所のベンチにすわり三重塔を眺めていたが、いつのまにか話はセックスの時にメガネを外すか?というテーマになったとありますが、それだけ、もうここまでで見仏に疲れ、陽気もよく、どうでもいい感じになったのだと思います。




:こちらが穣虞梨童女。仏欲観音さんのHPから拝借させていただきました


一休憩し、大和郡山駅まで走り奈良に戻ります。

腹ペコで何か名物でも食べるかとお店を物色すれど、天気がいいので、やっぱり猿沢池のベンチでこれにビール。

しばし、本を読んだり、ウトウトしたり、地元の方や、ポタリング中の方のかたとお喋りしたり。


:楽しそうに歓談するなオジサマ達


ポタ中の鹿男さんに撮っていただきました。
ほろ酔いで池に落ちそうに。



夕方近くになって奈良市内、東部の山麓にある白毫寺(びゃくごうじ)へ。

A-bikeではぁはぁいいながら坂を上り、階段を上ったところに山門、受付があります。

酔いの抜けない中、頑張った甲斐もありました。
素晴らしい眺めです。

風が最高に気持ちいい。

境内、初夏の緑が美しい。







本堂には、小ぶりで美しい聖観音&勢至観音菩薩がひっそりといます。

宝蔵には、SMAPのシンゴちゃん似の若々しくハンサムな阿弥陀如来や彫が深く美しい文殊菩薩坐像、閻魔王坐像、いじけ顔の叡尊坐像などが並びます。


:阿弥陀如来(パンフレットより)。かっこいいっす。

下山は、ペダルを一切踏むことなく、夕暮れのならまちの坂を軽快に下りました。

■リンク
法隆寺
法輪寺
法起寺
白毫寺

Share |
| 奈良・京都を見仏する | 22:58 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
コメント
こんばんは。
A-bikeが大活躍だったようですね。
猿沢池の光景思い出しました。
ヘンなオッサンが私の自転車持って行きかけたので驚いたりしましたね。(^^ゞ
昨日は奈良国立博物館の「国宝 鑑真和上展」に行って来ました。
唐招提寺の仏像が沢山展示していたので、ちゃんぶーさんならきっと大喜びされる
だろうと思いながら鑑賞していました。
またアップたのしみにしています。

あっ、それから、ほろ酔い気分で自転車に乗ってはダメですよ!(^^ゞ
| 鹿男 | 2009/05/16 9:00 PM |
鹿男さん

どうもです。
猿沢池はハッピーなオジサマがたも沢山いて、ついつい自分も飲みたくなりました。天気もよかったですからね。

鑑真展、大よろこびで見てきましたw

あと写真、禁断の顔出しに使わせていただきました。自撮、貴重な1枚です。
| 見仏 ちゃんぶー | 2009/05/16 10:58 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/955990
トラックバック
魅惑の仏像 釈迦三尊―奈良・法隆寺金堂
魅惑の仏像 釈迦三尊―奈良・法隆寺金堂
| ロドリゲスインテリーン | 2009/11/22 12:17 AM |