CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 7/14(土) 平等院>三千院 | main | 7/15(日) 三十三間堂>六波羅蜜寺>清水寺 >>
昭和の大仏師 松久朋琳・宗琳父子物語に激感動
魂を彫る―鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」 (講談社文庫)
魂を彫る―鑿に賭けた大仏師父子の「心の王国」 (講談社文庫)
長尾 三郎

慶派の末裔、松久朋琳・宗琳親子の壮絶ストーリー。
貧乏話とか苦労話は昔だったらよくある話なんだろう。
波乱に満ちた親子の物語りは総じてサクセスストーリーなんだけど人間の凄さを感じました。そして2人の対局する生き方、それぞれに何か羨ましさを感じます。

仏師っていうと奈良とか鎌倉時代の人をイメージするけど、仏像がある限り、修理も必要だし、新しい仏像も必要とされる。
両氏は昭和の仏師として多数の仏像を制作し、特に宗琳氏は仏師の地位向上と後継者育成に努められ平成4年にお亡くなりになっている。

■リンク
松久宗琳仏所
Share |
| 仏を知る | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/699025
トラックバック