CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 2017GW オッサンたちと行く春の見仏 その1 /鞍馬寺 | main |
2017GW オッサンたちと行く春の見仏 その2 /東大寺

JUGEMテーマ:旅行

奈良の夜は早い。


鞍馬から下山し、WD氏と別れ、近鉄奈良へ着いたのが20時過ぎ。
商店街のシャッターの多くは下がり、チェーン居酒屋程度が開いている。

 

「TKGさんどこですか?近鉄奈良駅で合流します?」
「お前こそどこだよ。もう宿じゃないの?」
「二月堂、めっちゃ夜景がきれいです。」

 

撮影:SSKくん 二月堂より夕日を望む

 

カメラ好きにして結構ロマンチストなSSKくんはこんな遅くに二月堂に上っている。
カップルの会話を聞きつつ、写真でも撮っているのか?

 

「鹿に食われないように早く下山してこい」

奈良旅の定宿にしている静観荘に荷を下ろし一息ついて、S君も戻ってきた。

 

「もう遅いからメシは近場で済ませよう」

選択肢はあまりない。
だが、ある。

 

「以前から気になっていた居酒屋のようなお好み焼き屋があるので覗いてみよう。」

21時を回っている。

 


おばさん一人、客はいない。
店の名前は「幸(さち)」。
良い店名だ。

 

「まだ、いいですか?」
「どうぞ、もう閉めることだったよ。」

 

鉄板カウンターである。
関西では、このような個人で切り盛りしているお店は当たり前にまだあるのかもしれないが、なんともいい感じ。
おばさんは、ややぶっきらぼう。店じまいして寝るところだったに違いない。

 

「何にするの」
「じゃー、肉玉、モダン、モダンはソバが入るやつ?俺は、やきそばも食べたい、豚やきそばにミックス・・」
「ちょっと、順番にたのみなよ」
「お好み焼きが、豚、ミックス、モダンの三枚。そしてシメに豚焼きそば2玉」

 

そんな感じで、おばさんが手際よく焼きはじめ、僕らは瓶ビールを呷る。
おばさんは焼きで忙しいので、ビールのお替りは自分らで冷蔵ボックスから出す。

 

 

 

 

 

小さい時分に、地元の駄菓子屋に1つだけ鉄板があって、叔父はおやつの時間になるとそこで240円のイカ入りのお好みやきと瓶ビールを嬉しそうに食べていた。

僕は、大きなエビせんべいを二つに小手でピシッと割って、おばさんが焼いた目玉焼きに、ソースぬって、カツオと青のりをまぶし、そのせんべいで挟んで食べた。
通称、卵せんべい。

 

そんな思い出話をしながら、焼き上がりを待つ。

疲れた体に粉モノがうまいことうまいこと、この上無し。

 

満腹となって、銭湯に立ち寄り、就寝。

 

※ミネラルとは何か?おっさんの出汁はしっかり出ていそうだが・・

 

翌日は、何はともあれ東大寺である。
D君は、「俺仕事休めないから、この旅では1泊しかできない。でも奈良に行きたい。」ということでの参加である。
しかも修学旅行を含め、東大寺には来たことがないという。

 

朝、早めに起床し、昨晩摂取したカロリーを消費すべく、春日大社を参拝して後、若草山に登る。
一番高い展望台まではかなりあるため、D君のみが思い出作りのために挑む。
僕らは下で寝っ転がって彼を帰りを待つ。

息を切らして戻ってきたところでそのまま下山し、南大門、東大寺、資料館、興福寺東堂、中金堂再建特別展示を駆け足で見てまわる。
見仏としては奈良国立博物館でやっている「快慶展」こそが目的であるが、見物ビギナーの2人に付き合わせる訳にもいかずなにより自分のペースでゆっくり見たいため別日に設定する。

 

巫女さんにトキメク

 

鹿に和む

 

南大門に圧倒され

 

時を超え想いに触れる

 

現役のメダル刻印マシーン(8bit)、謎のキャラクター

 

ノリで作る(メダル400円、チェーン(キーホルダー)200円、刻印30円)

 

ランチは奈良ホテルでカレーと決めていた。
天理在住のサイクリスト、TKIさんと合流する。

 

TKIさん、ラウンジで寛いでいた。今回は自転車じゃない。聞けば仕事上がりで来てくれたそうだ。

 

おっさん4人、メインダイニングの三笠にて「ビーフカレー(2,200円税サ別)」を注文する。
バナーがこっくりした欧風、さらにマンゴを入れて甘みをだした極上カレーである。
一口食べて、甘露。うまみと香りが脳天を突く。
二口食べて、病みつき。おいこれ止まんないぞ。
三、四、五口食べて、ややクドイ。
満腹、贅沢である。

 

 

TKIさん「せっかくだから、オッサン4人でドライブするか?見晴らし良いとこ行こう。」
レクサスの高級車で砂利道の登山道を駆け上がる。
その行先は若草山の展望台だった。
朝、DT君自走で登ったところだよねw

 

 

眼下には奈良の街並み、遠くに明日訪問する三輪三山の山山が連なる。
そしてDT君は充実した笑顔で帰っていきました。

Share |
| 奈良・京都を見仏する | 16:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1055085
トラックバック