CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 2014GW 春の見仏 その4 /新薬師寺、円成寺 | main | 漫画家による仏の世界展@増上寺 >>
2014GW 春の見仏 その5 /金峯山寺、如意輪時、興福寺北円堂

後輩君は長谷に行くという。
長谷寺では、GWの特別拝観実施中で、内陣に入り、長谷観音とボディタッチで結縁できるイベントが実施中です。
うーん、ここはひとつ僕も結縁しておきたいと考えたが、是非お会いしたい尊像がいます。
金峯寺金剛蔵王大権現だ。

奈良駅で手にしたパンフによれば表向きは世界遺産登録10周年、実質は、仁王門修復の勧進のための特別開扉です。(最近ちょくちょく開扉しているみたいだけどね)


何はともあれ、これは大チャンスだ。
遷都1300年で見逃した、青いモンスター(もちろん怒りと慈悲の神様)を感得したい!したいぞ!せねばなるまい!ということで近鉄奈良から吉野へ向かいます。

西大寺、橿原神宮で乗り継ぎ、約1時間半、山岳信仰のメッカへ到着。

終着駅。そこからロープウェー(360円)には乗らずに、横道を登って自走する。



GW連休の初日ともあって、人出も多い。というか、人気の観光地なんだな。
参道にはずらっとお土産屋さんや食事どころ、宿がならぶ。
ニコニコ笑顔のおばさんが”葛きりだべていってー”とこちらを呼び止める。
なんとも誘われたい感じ。
でも、まだお参りしてないよ。

で、その仁王門は工事のシートで覆われていました。
ただし仁王さんの顔は拝めるようにケアしてある。
風化が激しく、全体が白い。古様なイカツイ風情。




参道の終点が階段となっていて、上った右手に本堂がドーンを現れる。
国宝蔵王堂。

でっかい。
パンフには、東大寺の大仏殿に次ぐ日本で2番目の大きさと威張っている。
まあデカい。
入り口で写真を撮っていたらおばさんに「あーっ」とかわいく睨まれた。
本尊を撮るつもりじゃなかったのです。すいません。
目をこらすと、凝らさなくとも、奥の須弥壇、倉庫のように巨大な厨子の中にみっちり納まった3体のお姿。



ウワサ以上の強烈です。

長谷の観音様のパワーもすごいが、こっちはモンスター×3体である。
ドラクエでいうと1から2になったくらい凄いです。
靴を脱ぎ、靴袋(お持ち帰り可)に入れて、パンフとお札をいただく。
拝観料は1000円だが、何故か参道のめし屋で900円で売っていたのでそれを利用。

興奮冷めぬまま。順路に従って内陣へ入ります。
入り口左右に置かれた持国天・増長天のカッコいい。
ななめ下から見上げる雰囲気は、室生寺の十二神将に似ている。

「参拝をご希望ですか?」
すかさず「YES!」と答え、本尊最寄の個室をあてがわれる。
障子の衝立でビデオ個室鑑賞のようなお祈りスペースが追加料金一切なしで用意されています。
靴袋といい、お札といい、どんだけ拝観者想いのお寺さんであるのか。
横ではゴマ祈祷が行われているため、BGMも万全です。

厨子の枠が邪魔で3体を拝むことはできないが、7メートルを超える真ん中の中尊を拝む。


蔵王権現の姿を仰ぎ、ドンドンドンと祈祷のビートに身をゆだねると尊像の巨大なパワーがこちらに乗り移り、体の奥からジンジンしてくる。

この蔵王権現の解説が面白い。

権現とは仮の姿、よく悪の権現とか言われるけど。日本独自の仏(姿)であり、その異形も日本であみ出されたもの。
7世紀後半に奈良の葛城山に住む山岳修行者の役小角(えんのおづぬ・役行者とも)が大峯山の山上ヶ岳で感得したという。
小角はその地で千日の修行をした際に、衆生を救う仏の出現を祈った。
最初に現れたのは釈迦如来。しかし小角は、その姿では乱れた今の世の猛々しい人々に響かない、と訴える。
次に現れたのは千手観音。観音はさまざまな姿に身を変えて救ってくださるが、小角はやはり乱世にふさわしくない、と言う。
次に現れた弥勒菩薩にさえ、首をたてに振らなかった。
どうか、世に満ちた悪を打ち払うような強い仏を!!!
そう望んだとき、地が揺れ、雷鳴が轟き、岩を割って現れたのが蔵王権現だった・・・・

とのこと。(以上、JR東海スペシャルサイトからコピペ)

ここの蔵王権現の大迫力にはハリウッドもびっくりなわけであるが、
それ以上にすごいのが役小角。仏さまに向かって”出直してこい”とあれこれ注文するすごい人です。

もう一軒(寺)かねてから拝観したかった如意輪寺へ。
山をさらに奥にすすむこと30分ほど、金峯寺と谷をひとつ挟んだ山腹にあります。
本尊は名の通りであるが、残念ながら開扉は桜の時期だけ。
お目当ては、ここの宝物館、運慶の高弟である源慶作の蔵王権現です。



つい先ほどに巨大なモンスターを拝んできたばかりで、こちらの尊像は80cmほど。
いかにもコジンマリした御姿だが、水晶の三眼がギラつき、表情は童子様で、とても強い生命力がギンギンみなぎっています。


全身には精巧な切金模様が入り、幾多にも重なり燃える火焔光背のデザインもすばらしい。
トラのパンツもよく似合っているなぁ。
なんと源慶は、興福寺北円堂本尊の弥勒如来像も運慶の指導の元で静慶と製作したと伝わる。

奈良に戻ったのが16時半。その北円堂に立ち寄ります。
無著・世親の兄貴に別れの挨拶をして、2014年春の奈良の見仏は終了です。


Share |
| 奈良・京都を見仏する | 22:58 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
仏好きにとって見仏記はバイブル。私の本棚にも鎮座しております。みうら×いとうペアもいいですが、みうら×安斎ペアもすばらしい。仏とロックの融合。たまりません。金峯山寺、いつか行きます!
| 鹿男 | 2015/11/07 5:56 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1055079
トラックバック