CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 2014GW 春の見仏 その2 /東大寺ミュージアム、奈良博 | main | 2014GW 春の見仏 その4 /新薬師寺、円成寺 >>
2014GW 春の見仏 その3 /薬師寺、東大寺

いつもJR東海のCMには心惹かれます。
この春は薬師寺です。

ということで、この日のテーマは、
「あなたは、いにしえの時を漂う。いま、ふたたびの奈良へ。」
です。

いにしえを漂うのであれば、電車やバスは使っちゃだめだろうな・・
じゃあ、歩いてみるかとグーグル先生でルートを調べる。
近鉄奈良から1時間半あれば十分到着できる距離です。

奈良駅前のスーパーホテルやなか卯などの商店街は更地となって再開発が進んでいる。
街並みも少しずつ変わっていくなあ。
のどかな宅地、畑を抜け、佐保川沿いにあるく。鳥がいっぱい鳴いている。


歩く。暑い。腹が鳴る。
近づくにつれ、やややと驚く。

遥か向うに見えるストライプの巨大なストラクチャー。嫌な予感は的中する。
南門に回り、伽藍へ踏み込む。
入道雲立ち込める晴天のもと堂々たる朱色の伽藍。
シルクロードの終着点と位置づけた、この伽藍のシンボル東西の両塔。
その東塔は、残念ながら工事中であった。CMはほんとうまく作ってあるな。





気を取り直して、金堂に入る。
本尊薬師如来の威厳、日光・月光菩薩の麗しさ。
あくまでも静かに、時空を超えた存在感が生み出す、不思議な空間。
火事によって、体を覆う鍍金が溶けて内部の銅と交わり、その体は黒光りしている。
巨大な光背は江戸時代の後補であり、金色に輝く。
このコントラストがたまんない。もし全部黒かったら沈みこみ、全部金色だったら発散してしまう。

充分にいにしえの時を漂った後、玄奘三蔵の八角堂を拝観します。
玄奘三蔵、つまり夏目雅子さんの納骨堂です。(うそ)
薬師寺の開祖道昭は、玄奘三蔵のお弟子さん。


「不東」という二文字が額に掲げられている。

中国からインドを旅して、仏教の奥儀を持ち帰るまで、わし、死んでも帰らん。
という強い思い。水が無い中タクラマカン砂漠をさまよった際に誓った言葉とか。
かっこいい。
ついでにいうと、この砂漠をさまよってぎりっぎりになっていた時に目の前に現れたのが、僕の大好きな深沙大将(じんじゃだいしょう)で、沙悟浄のモデルだといわれています。

その足で唐招提寺へ。
ここでは、内部には入らず、山門から本堂を写真に収める。



奈良へ戻り、猿沢池のベンチでいにしえを想いつつ缶ビール×3本。
そして大仏様にご挨拶。

明日は、聖武天皇祭でみなさん準備に忙しい。
その後、二月堂に上がって美しい景色をしばし眺める。

人も街も時間と共に変わってしまう。
変わっていけない心があり、守り伝える教えがある。

あおによし ことのゆうやけ ぼくねむけ

美しい場所、時、心持ち。






【おまけ】

昔から気になっていた焼肉屋さん璃衛
三条通からちょいと入ったところにある昔ながらのロースターで焼く焼肉屋さん。
いつも地元の方々で満員でしたがようやく突入できました。
上塩タン、最高です。


Share |
| 奈良・京都を見仏する | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1055077
トラックバック