CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 東京芸大:観音の里の祈りとくらし展 | main | 2014GW 春の見仏 その2 /東大寺ミュージアム、奈良博 >>
2014GW 春の見仏 その1 /三十三間堂、京博
正午前に京都へ到着。3年ぶりです。

天気はどんより、さてどうしよう。
計画では、このまま大津まで戻り、三井寺に行く予定でしたが、どんより雲で気分もイマイチ乗りません。
であれば、プランBに変更。

まずは、腹ごなし。

荷物を100円玉四枚入れてロッカーに預け、いざ第一旭へ向かいます。
ん?人だかり。交通事故?

いやいや行列です。ちょうど昼飯時だもんな。
並ぶ気も起らないので、三十三間堂にむかってぶらぶら歩くます。

しばらくして、うどん屋を発見。あんかけカレーうどんを注文します。
うまし。出汁が効いてる。ねぎがうまい。かしわがうまい。
表で売っていた稲荷も気になる。1個80円。
しめて750円。戦闘準備OKっす。

さて、初戦は、景気づけに蓮華王院三十三間堂。



拝観料600円。日本人、欧米人、中国人が3割づつ。拝観者は、多くはない。
だーっと、ならぶ1000体の千手観音。遠くは霞む。
いつみても圧巻です。
マンモス学校の全校写真。はたまた軍隊一個師団。そんなイメージが浮かぶ。
じっくり、雷神から、阿形、??、??と二十八部衆を眺める。等身よりやや小ぶりだが力強い造形。
中尊に近づくにつれ、名工の作が並ぶ。
いい顔!湛慶作とある。わかってる。

運慶の長男である湛慶は、この丈六の中尊を82歳の時に棟梁となって彫りました。自分の率いる慶派だけでは、到底できる仕事ではなく、円派、院派という別の仏師グループともコラボレーションしながら。すさまじい体力、知力、人間力です。


自分は今年で40を迎える。現代でいっても人生の折り返し地点だが、せいぜいこの先現役でできるのは20年たらず。いや、すでに今いるWEB業界では、いっちょ上がりの年齢です。もう若くはないし、腰も痛いし、ラーメンの大盛りは胸焼けするし。などと弱音を湛慶さんに聞かれたら檄が飛ぶな。
800年も昔の時代。生涯現役(マインドだけとなっても)こそプロとしての重要な要素だと感じます。

雨が強くなってきた。
遂に京都国立博物館に踏み入れる。

<特別展覧会>南山城の古寺巡礼

です。


赤レンガの美しい洋館。
京博はいままでずーっと工事をしていて、訪問することができなかった。
念願の京博。しかも国立博物館パスポートでの入場である。このパスポート、催事も年6回まで無料です!どうだ、まいったか!

「常設展は、9月からでやす!また、おいでやす!」
ぐわっし!!!
そうでやすか!ちゃんと下調べしてなかった自分が悪いのでやす。


さて、南山城とは、京都の南部、奈良との県堺の一帯をさします。
山深い一帯、笠置寺、海住山寺、浄瑠璃寺、岩船寺、蟹満寺、観音寺といった、古来からの寺院が点在し、仏像も奈良・平安と古く、生命力あふれる尊像が多く祀られている。

第一室は、南山城の歴史と文化として、土器や鏡などが並ぶ。

第二室、海住山寺。
アイヤー!と意味不明に感激するのは、彩色鮮やかな四天王像
図鑑で何度も見たあの(どの)四天王である。
グリーン持国天、レッド増長天、イエロー広目天、ブルー多聞天。
後補ではないかと思うほど、それぞれの顔色が鮮やかである。そして、かっけ―かっけー。
感激なのは、この4体、大きさが40cmほどしかない。1/48スケールのガンプラほどだ。
てっきり等身サイズかと勝手に想像していた。
この迫力は、細部まで彫りこんだ造形の妙か、尊像に宿った生命力か。
自室に飾りたい。推定20億くらいかな??(バチアタリ;)

第参室、笠置寺、
第四室、浄瑠璃寺と岩船寺。浄瑠璃寺からは多聞天を請来。この邪気、正面を向いて頬杖ついてヤラシイ笑みを浮かべている。
第五室には、南山城の古寺と題して、禅定寺や寿宝寺、蟹満寺、神童寺、観音寺から等身の像がならぶ。
神童寺からは、奇妙な不動明王、通称、白不動さんがいらっしゃった。

この不動像は、弁髪は垂らさず、両目は見開いている。
上半身は裸、下半身の裳は両ひざ頭を見せて身につける。
この尊像は、かの天台宗寺門派の祖、スーパーパワー円珍が感得したという黄不動さん(六本木で2009年に遭遇)と関わりがあるとか、ないとか。
しかし、顔面パーツはアンバランスに中央に集まり、ダルビシュ様。
腹はぽっくり出てカッコいいとは決して言えない。ただ、パワーはみなぎっている。

2tを超える重量の蟹満寺釈迦像はさすがに腰が重く招聘できなかったようだ。
聖林寺の美人妹で有名な、観音寺十一面観音様も残念ながらパネルであった。

やはり、改めて会いに行くしかないですね。

明日は、奈良の街を探検します。



:静観荘 1912年築とか。ちょうど100年です。
Share |
| 奈良・京都を見仏する | 18:07 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ちゃんぶーさま

お久し振りでございます。
私も春の見仏に行きました。
大阪美術館、あべのハルカス美術館、京都博物館、奈良博物館!! お寺のはしごは、大丈夫ですが展覧会での見仏は仏さまが多すぎて、つかれちゃいますね。

あと、湖東三山、京都の特別公開のお寺。
リベンジの鞍馬寺や修復後の平等院等です。


| ぶんぶん | 2014/05/15 12:06 PM |
ぶんぶんさん、お久しぶりです!
小生、見仏活動も、ブログを更新するのもおろそかになっていましたので。
久しぶりに、のんびり仏をめぐってきました。
ぶんぶんさんも充実したコースですね。湖東三山、鞍馬寺、魅力的です。
今月、千葉の仏像を巡ってまいります。
楽しいレポートができればと思います!
| ちゃんぶー | 2014/05/15 5:44 PM |
最近は、関西のお寺ばかりで関東のお寺も行きたいのですが…つい後回しになってしまいます。
こちらから行くと飛行機の時間が少し違うだけなんで…(笑)
以前、鎌倉の観音巡りをしましたが全くお仏像にお会い出来なくて消化不良状態で帰りました。関東はそれから行ってないです。
先日行った奈良博物館でやっとお会いできました(笑)

千葉のレポート、お待ちしています。
| ぶんぶん | 2014/05/16 6:46 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1055075
トラックバック