CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 興福寺創建1300年記念 興福寺仏頭展 | main | 2014GW 春の見仏 その1 /三十三間堂、京博 >>
東京芸大:観音の里の祈りとくらし展
桜は満開だが、空はどんよりして薄ら寒い。

東京藝術大学へ観音の里の祈りとくらし展を見に行く。


観音の里とは、琵琶湖の北部から東エリアに広がる一体だ。

オイラも2010年春の見仏ツアーで高月へ足を運んだが、観音様は広域に広がっていて、A-bikeで、それも半日程度で見て回ることができる観音様の数はたかが知れている。
それが本展示で、全てでないにしろ、一堂に集まっていらっしゃるというのだからありがたい。

メインの会場を取り囲むように18体の観音様。
タイトルにもあるように、湖北地域には、古くから仏教文化が栄え、すぐれた仏教彫刻が数多く伝わっているのは地域の住民たちが中心となって、観音像を守り伝えてきたからだ。

火災があれば、御堂からせっせと運びだし、隣の集落のお寺へ。
戦があれば、石をおもりにして川に沈め、ほとぼりが冷めたら安全なところへ。
住職がなくなったら、村人が交代で管理する。

そんな、こんなが1000年続いている。
なぜこの一帯はそれほど結束というか、しきたりが固く守られて来たのか。
・・・ちょっと怖い気もする。



十一面観音立像 平安時代・8世紀末−9世紀 菅山寺・余呉町坂口
千手観音立像 平安時代・8世紀末−9世紀 赤後寺(日吉神社)・高月町唐川
※通称コロリ観音:三回お祈りするとコロリっとあの世へいける。通称、ロケットパーンチ!観音。
十一面観音立像 平安時代・9世紀末−10世紀 岡本神社・小谷丁野町
十一面観音立像 平安時代・10世紀 善隆寺(和蔵堂)・西浅井町山門
菩薩形立像(いも観音) 平安時代・9世紀 安念寺・木之本町西黒田
如来形立像(いも観音) 平安時代・10世紀 安念寺・木之本町西黒田
※通称いも観音:兵火から逃れるため何度も川底へ逃れた。御神体がボロボロでトルソー状態だが、不思議と静かな生命力を感じる。
聖観音坐像 平安時代・10世紀末−11世紀 竹蓮寺・高月町西阿閉
聖観音立像 平安時代・10世紀末−11世紀 長浜市長浜城歴史博物館
聖観音立像 平安時代・12世紀 総持寺・宮司町
10 千手観音立像 平安時代・12世紀前半 総持寺・宮司町
11 十一面観音立像 平安時代・12世紀前半−中頃 田中神社・湖北町田中
12 聖観音立像 平安時代・12世紀中頃 宝厳寺・竹生島
13 聖観音坐像 平安時代・12世紀 阿弥陀寺・西浅井町菅浦
14 聖観音立像 平安時代・12世紀 西浅井町集福寺
15 聖観音立像 平安時代・12世紀 尊住院・川道町
16 聖観音立像 平安時代・12世紀前半−中頃 常楽寺・湖北町山本
17 十一面観音立像             (腹帯観音) 平安時代・12世紀 大浦観音堂・西浅井町大浦
18 馬頭観音立像 平安時代・12世紀 横山神社・高月町横山

:裏庭の木
もののけ




Share |
| 仏を知る | 23:44 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
Facebook拝見してこちらにも遊びにきました。
私も芸大美術館見に行ってきました。
地元の方々の仏様に対する愛情が感じられてとても良かったです。
| 美佐 | 2014/05/11 10:19 PM |
美佐さま

はじめまして。コメントありがとうございます。
人々の暮らしに根差した観音様は、素朴で慈愛に満ちています。ただ、向源寺の十一面観音さまだけは、どうも他と違い過ぎるような違和感があり興味が尽きません。
| ちゃんぶー | 2014/05/12 12:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1055074
トラックバック