CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 九十一回? 仏像教室 | main | 2012GW 房総 鋸山の巨大仏/乾坤山 日本寺 >>
2012GW 麻布のウィーナスに会いに行く/永平寺別院 長谷寺
ここ数年、計画に半年ほどかけ、京都・奈良に一人見仏ツアーに出掛ける小生ですが、今年は諸事言い訳にしてお休みです。

とはいえ、折角の連休、天気もいいので気になる東京のお寺に行ってみます。

お目当ては、学研ムック「東京近郊仏像めぐり」巻頭で仏像ガールさんが紹介している麻布大観音。こんな大きな木彫の観音様が都心のお寺の中に安置されているとは最近まで知りませんでした。

久しぶりに見仏用折りたたみ自転車A-Bikeを持ち出し、電車に乗る。

日比谷で降り、麻布観音に合う前に増上寺に寄り道。

:御成門って地名がまずイカス

増上寺は徳川家の菩提を弔う江戸の大寺。
本尊は、祖山知恩院より寄贈された等身ほどの阿弥陀如来。立派な須弥壇に安置される。
本堂はいつでも出はいり自由です。

休日だけあって次から次へ法要が行われていました。般若心経がビートの効いた太鼓の音色と堂内鳴り響き、一人盛り上がる。
阿弥陀さんは至って穏やかな表情。こんな小さな仏さんが1人で東京の街を、人を、守っているって大変だろうに。

:三解脱門 内部には秘仏が鎮座されているとか

:東京タワーとのコントラストが良いなー

:こちらがご本尊


増上寺の北東側日比谷通りに面し、美しい二天門があります。
普段、仕事などで通り過ぎる際、いつも気になっていました。

広目天・多聞天が守る「有章院霊廟二天門」。
有章院は七代将軍徳川家継の院号でキンピカ豪華なお墓は、残念ながら空襲で焼失。

門は柵で守られ近くに寄ることはできません。
そのおかげで門全体の彩色が良く残り、仔細な文様が時の権力を知ることができます。
広目天・多聞天も力強く、表情がいきいきとしていてグッドです。


:もちろんマークは三つ葉葵。ひかえおろ〜。

:白顔剥げ落ち具合もたまらない。



さて、観光客で賑わう東京タワーの足元を抜け、六本木を通り過ぎ、西麻布へ。
根津美術館側へ周り、しばし迷う。長谷寺の入り口が分からない。女神像はどこだ。

1周して、あれ、フジフイルム旧本社ビルの真裏でした。
六本木通りから素直に入ればよかったのです。


門をくぐると、右手に丸く刳り抜かれた窓の、すぐそれを分かるお堂がある。
まずは本堂でご本尊ご挨拶を済ませ、ご対面。
う〜ん、久しぶりのワクワク感。

ドーン!!!!!!

左手に宝瓶、右手には錫杖を持つ、大和長谷、鎌倉長谷と同じポーズ。10メートル旧の巨躯。圧倒される。

ただ、お姿が女神すぎる。菩薩像というよりマリア像。
よこっちょの小さい脇侍(といっても等身ほどある)なんか、キラキラの首飾り付けてSFアニメの少女キャラじゃないか。
もともとは江戸中期に作られた像は、やはり空襲で焼かれてしまい、10年の歳月をかけ昭和52年に再建されたものらしいです。僕より年下ってことになります(笑)

うららかな春陽気、静かな、大きな慈悲に包まれます。











■浄土宗 大本山増上寺

曹洞宗大本山永平寺別院 長谷寺


Share |
| 関東・その他で見仏する | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1055061
トラックバック