CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 七十七回 仏彫刻教室 | main | 手塚治虫のブッダ展 >>
2011GW 春の見仏一人旅は大本山巡り
 4/29-5/2、何度目かの京都・奈良ツアーに出かけました。

今回の見仏テーマは、「大本山」です。


もっとも京都や奈良の主要なお寺の多くは大本山率が高いのですが、
今回は少し足を伸ばしてこれまで訪れたことがなかったお寺をいくつか巡ります。

連休前、仕事が立て混んで出発前夜も帰宅したのが深夜1時過ぎ。
旅の支度もそこそに、荷物をリュックとトランクに詰め込む。
もちろん見仏専用のモビリティA-bikeも担ぎます。(ちょっと重いけど;)

発売日に予約したぷらっとこだまプランで京都に向かいます。
新たな強力見仏アイテム”XPERIA arc”を持っていく。
このarcのGPSがすごぶる秀逸に出来ていて、もしも山深い本山道中で遭難したとしても心強い見方になってくれるはず。

:XPERIAのGoogleマップ

新幹線だとドンドン移動している自分が神様になったように見える。
あ、いま実家の近くを通過している!と車窓を見れば一目瞭然なのですが、
別の視点を与えてくれるガジェットはとても楽しい。

さて、京都に到着し、いよいよ最初の大本山、
天台宗総本山 比叡山延暦寺へ向かいます。

比叡山へは、京都から湖西線にのって比叡山の入り口となる坂本駅まで15分程度で到着。
坂本駅からは、比叡山の登山口となるところまで西にまっすぐ、日吉大社の参道を進みます。
古くからここが聖地だったことを思わせる。


さすがに自力で比叡山を登る気力はないので、ケーブルカーに乗ります。
急勾配の坂道をほぼ斜面に対して垂直に登っていく。
山頂までは約2kmあり日本で最長だとか。


山頂は、標高600m超、気温10度。ヒンヤリします。
駅舎は明治時代に作られクラシックな建造でここから琵琶湖の眺めが素晴らしい。

駅から20分ほどで山門到着。

延暦寺は、今から1200年前に伝教大師最澄が開山し、数々の歴史的名僧を生み出した場所
です。慈覚大師円仁、スーパー法力の円珍をはじめ、法然や栄西、親鸞、日蓮といった教科書に出てくる多くのお坊さんが修行した場所です。

拝観料1000円。名門の見物料はいい値段する。
想像した以上に人が多く、一大観光地的雰囲気となってます。

巨大な伽藍の中央は国宝の根本中堂。
徳川家光が再建、ものすごく大きな茅葺きの屋根。

あー根本です。のっけから根本です。根本キタ!



靴を脱ぎ、回廊を進んで本堂へ入ります。

お堂の中の空間もこれまたすごい。団体客に混じって説明と説教を聞いちゃいます。

本尊は、2体の薬師如来。向かって左が坐像で右が立ち姿のもの。
須弥壇は、3メートルほど掘り下げた石畳の上に設置されているので、こちらからは如来の視線と我々の視線がちょうど一致するよう設計されています。

その間には5メートルほどの溝があり、これを煩悩の淵と呼んでいるという。
暗い淵からは、冷気が吹き、話を聞いている間も体がすっかり冷え込みます。

暗がりと距離で如来のディテールはわかりませんが、快慶チックにお顔、そして光背が美しい。

いただきます
ごちろうさま

命の平等、それを超えて命をつなぐこと、そのことに日々感謝すること
そんな説教をじっくりとまじめに聞く時間こそが、ありがたい。

中堂前には急勾配の階段があり、この上に文殊門があります。
中に入れるようになっています。階段のヘリの木が土踏まずを刺激し激しく痛い。
感覚が普段の不摂生を自覚させます。

楼上にはクールな文殊とそれを囲む四天王が守っています。


中堂を左手奥にすすむと大講堂です。
目を引くのが天井に掲げられた坊さんの肖像画の数々。

なにやら全日本肖像画美術協会総裁馬堀方眼善孝先生が書かれたものですが、その劇画チックでエキセントリックなタッチが見ものです。また全日本肖像画美術協会というのが気になります。

釘付けで見上げていたら首がおかしくなりましたが500円で図録「高僧乃絵傳」をゲットしてお土産に。



:境内にも劇画看板が並ぶ

宝物館には、20体ほどの仏像が安置されています。
注目は、五大明王とその眷属の羯羅童子と制多迦童子。

ここのセイタカは悪いよーw
悪さでは屈指じゃないでしょうか。


延暦寺は三塔といって、根本中堂のあるここを東塔、釈迦堂を中心とする西塔、修行場の横川の3エリアで構成されますが、時間都合からここで退却。
バスの待合所で、比叡そばを食す。
山菜にとろろ昆布、出汁の効いた、少しショッパイめの美味しいお蕎麦です。


体が温かくなり、空腹も満たされ幸せ観光見仏気分いっぱいでしたが、
この後、失神するほどの過酷な修行が待ち受けていました。その話は次回。

■リンク

全日本肖像画美術協会

比叡山へ行こう!

Share |
| 奈良・京都を見仏する | 18:10 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
延暦寺いかれたのですね。
アートなお寺ですね。宝物館の階段にある不動明王図はご覧になられました?
| まや | 2011/05/17 10:34 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1055048
トラックバック