CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 七十二回、七十三回 仏像彫刻教室 | main | 七十四回、七十五回、七十六回 仏彫刻教室 >>
2011 上海ツアー/上海博物館

新年あけましておめでとうございます

今年も仏像にまつわる身の回りのあれこれをブログって参ります。
よろしくおねがいします。


正月休みに嫁さんと2泊3日の上海ツアーに行ってきました。

何か良い仏は見れるかと調査するも、中国では唐時代以降、仏像をあまり重んじない禅宗が中心であったこと、「三大廃仏」といわれる寺院・仏像が破壊する政治的事件が3回もあったこと、近代になってヨーロッパ諸国が国外へ持ち出したことなどにより、上海においても見るべきスポットに乏しいとの結果。

強いていえば、ビルマ伝来の翡翠仏のある玉仏寺が気になるところですが、時間が無くホテル至近の人民広場内にある上海博物館を覗いてきました。

入場時間締め切り5分前に滑り込みセーフ。

入場料は無料ですが、セキュリティチェックがあり荷物をX線にかけると、ライターの持ち込みがNGらしく取り上げられる

4階建ての1階が彫塑室があり、木彫、塑像、金銅仏などが並べられています。
警備員のオッサンの視線が気になりますが、写真はOKということで、気になった仏をいくつか。

(仏像の種別や由来などは説明が少なく、自分は中国史に詳しくないため細かいことは判りません。ゴメンナサイ;)

:入り口にある木彫の菩薩。うねりの強い目と厚みのある唇。深い衣文、どっしりとした重量感があります。

:涼やかな塑像の菩薩。指が細く、誇張されている。衣文が浮き彫りになっています。

:ゆったりと座る菩薩。高貴な表情。中国らしい仏ですなー。

:太子石像とあるが、どこの太子であろうか。顔がファニー。


:ka^syapa・・釈迦十大弟子の一人?かなりのビックサイズなので、元は丈六サイズの十大弟子群像であったということか。

:仁王系の方。


:ふっくらとしたお顔で美しい。

:千体仏。

:不明・・?楽器を奏でているのかな・・

:半跏像。首がチョッキン。


日本の仏像とはまた違った味わいがあります。



参考↓↓



大きな地図で見る



■おまけ

あのデアゴスティーニから、隔週刊 日本の古寺・仏像DVDコレクション』 発売!

2011年1月6日創刊で全70巻シリーズです。
毎回付属するおまけは「DVD」でマガジンとともに古寺・仏像の世界を紹介するという代物。
なるほど、これまで講談社や小学館などから週刊XXシリーズは出ていたが、映像で仏像とそれを奉る寺院を知るというのは、これまでありそうでなかったアイテム。

70巻×1,790円=124,600円!!(創刊号は特別価格790円)

まあ、とりあえず創刊号は買ってみました。

法隆寺<西院>


DVDは全35分で33のチャプターに分かれており、全体の紹介から南大門、中門、回廊と建物を紹介し、その後、堂宇に納まる尊像を紹介する内容。

映像でみれば、現地の雰囲気もわかるし、なかなかよいです。(ちょっとねむたくなるけど・・)
当面はメジャーなお寺が続くと思うので、しばらくは様子見し、興味のある号だけ買ってはどうかと。
将来的には、お寺のみやげとしても良いですね。>そりゃないか

:境内MAPと併用すれば行った気になる??



Share |
| 関東・その他で見仏する | 23:17 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
mixiメッセージありがとうございました。
上海に行かれたのですね!やはり日本の仏像と違った雰囲気で新鮮な感じがします。中国のお寺も行ってみたいです。

また見にきまーす!
| momo | 2011/01/08 11:32 PM |
momoさん

コメントどうもです。
こういった仏像群が、中国のお寺にもきちんと残っていたらと思うと残念です。
| ちゃんぶー坐像彫り中 | 2011/01/10 8:29 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1055044
トラックバック