CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 七十一回 仏像彫刻教室 | main | 2011 上海ツアー/上海博物館 >>
七十二回、七十三回 仏像彫刻教室
 頭の角を落とし、胸を斜めに落とします。

目盛りの線が、角を落とすたびに消えてしまうんので、改めて金曲を入れます。

むむ、なんとかく、形が出てきましたぞ。


ルールは、ひとつ。
外から、単純な面から、追い込む。

立体を作っていると、ついつい完成系を求め、くまなく全面に手をいれたくなります。いや、どこから手を入れてよいのか判らなくなってしまうというのが正しいです。

改めて、先生に手順を確認。

まずは、前から見て、耳を含めた頭部の幅を出し、そこから、耳だけを出すために周囲を下げる。これが頭部の実際の幅となる。

次に、横から見て、鼻先と後頭部の幅を出す。

次に、上から見ると、前側は後部よりも緩やかに狭くなる。それを出す。

そんな手順となります。

迷いの無い段取り。1つ1つの手順を着実に行うことの重要さ。

手抜き、手順飛ばし。それが招く手順戻り。
自分の仕事生活でもおおよそこういったことが原因となってミスを侵していますねー。



2010年最後の教室となる七十三回。頭部の小作りに入っていきます。

角をさらに細かく落とします。

おでこラインに段差をつけます。

鼻の下、顎の下の位置を決めて顔面と凹凸と顎を出します。




ここまでで頭部は一旦止め、次に肩を出していきますが、ここで時間切れ。

続きは、来年に。

2011年も見仏&仏彫、エンジョイします。
では良いお年を〜!

Share |
| 仏像を彫刻する | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1055043
トラックバック