CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 六十四回 仏像彫刻教室 | main | ガンダム立像@東静岡 >>
高野山カフェで仏像講義
先週土曜、東京八重洲の新丸ビルで9/1〜9/12の間、開催されている「高野山カフェ in 丸の内ハウス」に行ってきました。



実は、この「高野山カフェ」ってものが得体のしれない存在だったのですが、どうやら南海電鉄という鉄道会社のキャンペーンであり、この電車のディズティネーションが高野山であり、そのPRも含めた共同イベントのようです。

で、このイベントを知ったきっかけはマイミクさせていただいている田中ひろみさんからのお誘いでした。

エレベータで7階にあがるとそこは、フロア全体がいくつかのカフェで構成され、広々とした今どき空間で、「高野山」とは全くイメージが一致しない。受付はどこかとフロアを回ると来夢来人というクラシカルなバーが会場になっている。




会場は女性陣で占拠されています。
席には南海高野線の駅になぞらえ、僕が座ったのは上古沢とあります。



丁寧に造られた資料(本講座のテキスト)を読んでいると田中ひろみさん登場。

仏像誕生のストーリーから始まり、釈迦の一生、仏像の種類、特徴、印、持物とクイズを織り交ぜながら、とてもわかりやすく、おもしろい解説をいただきます。



仏像の金○の話。

「みなさん仏像の金○って見たことありますか〜?私、レプリカを持って来ました〜。」

え?

女性のみなさん興味津々。僕も見たことがない。

奈良新薬師寺のおたま地蔵。
鎌倉期に仏像によりリアリティを持たせようと生きた人間のような表現を追求した仏像です。

で、このおたま地蔵のオタマを何かのイベントで販売したことがあり、何でもそのデッドストックを手に入れたのだとか。蓮の蕾を模したオタマ。しかもゴールド。

そして高野山には慶派のすばらしい仏が残る。

なかでも八大童子と深沙大将のすばらしさを大いに力説。
深沙大将をイケメンと表現するあたり、どうやらマッチョ系がお好きなようです。

会場には高野山のユルキャラ「こうやくん」も駆けつけ、楽しいひとときでした。



■ニュース〜〜!!!!!!!!!

これは本当にやばいイベントです!!

来年夏、開催。

予告:「空海と密教美術」展

東京国立博物館 2011年7月20日〜9月25日




特別協力:仁和寺、醍醐寺、金剛峯寺、教王護国寺、善通寺、神護寺
協力:真言宗各派総大本山会

「会場では仏像の曼荼羅を体感いただけます。」と来た!!

上野で立体曼荼羅に遭遇できるのか!?

会期も3ヶ月の大イベント。
もしそうだとしたら、これは歴史に残る国家的プロジェクトです(汗)
Share |
| 仏を知る | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1049353
トラックバック