CATEGORIES
RECOMMEND
仏像 (山溪カラー名鑑)
仏像 (山溪カラー名鑑) (JUGEMレビュー »)
小川 光三
ちょっと値が張るが、めちゃくちゃ充実の仏フォト。全国家庭に一冊。
RECOMMEND
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド)
美術ガイド 新 全国寺社・仏像ガイド (美術ガイド) (JUGEMレビュー »)

その名のとおり全国のローカルな仏まで抑えています。死ぬまでに制覇できるか?
RECOMMEND
仏像の見方ハンドブック
仏像の見方ハンドブック (JUGEMレビュー »)
石井 亜矢子
僕が見仏に目覚めた1冊。いまはトイレに置いて毎日パラパラと。
RECOMMEND
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌]
BRUTUS (ブルータス) 2009年 4/15号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

仏像の魅力をわかりやすく、カッチョよく、ライトに紹介。仏像カードもタマンナイ!?
RECOMMEND
見仏記
見仏記 (JUGEMレビュー »)
いとう せいこう,みうら じゅん
あー、彼らのように楽しく見仏したいね。いつまでも。
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 五十六回/五十七回 仏像彫刻教室 | main | 国宝1号の微笑み/広隆寺(2010GW) >>
2010年ゴールデンウィーク京都ひとり見仏の旅


えび天350円。

今日は待ちに待ったお一人さま見仏旅行への旅立ち。

スタートは、僕の聖地、駅前の立ち食いそばや「そばっこ」でえび天を特別オーダーする。
いつもはかき揚げを頼むところ旅の無事を願ってえび天です。(名古屋人はハレの日にえびを食べるのです。)

3ヶ月前から日程調整をおこない、宿の確保、嫁さんに許可をもらい、仕事を逃げ出し、やっと手に入れた一人見仏旅行。

3泊4日である。この日程は、長いようで短い。
欲張ってしまっても、しかたがない。

一日一仏

このくらいの余裕をもって、今回は京都にベースキャンプを張り、ブツをじっくりと見てまいります。

装備は、いつものゴロゴロケースに見仏巡り・市中巡りに最適化されたA-bike。こいつの有効性は前回の見仏で実証済み。

そしてさらに今回は強力なアイテムを2つ装備。

1つ目はネットPC。

実は半年前に、購入するも、まったく使うことなく本棚に眠っていたacer君。
アプリさえまともに入っていない状態だが、この旅でもテキスト打ちくらいは役に立つであろう、会社からこっそり拝借してきたE-Mobileによって晴れてネット環境を手に入れることができました。

2つ目は、デジイチです。

コンデジ愛機FinepixZ2は現役ですが、もっとカッコいい写真をとりたいぞ!ということで簡単デジイチのパナLUMIXを購入。
適当にとれば、なんとなくそれっぽく撮れるのはよいのですが、まだどのボタンで写真がどうなるのかさえわかっていないのころは情けないです。

多少なりとも以前より味のある写真がブログでもご披露できればよいのですが・・w



東京を7時過ぎのこだまに乗る。
車中、静岡より隣に乗ってきたおねえちゃんが、かなりの恰幅がよく、駅弁を一気に掻き込むかとおもえば、ゲップをかまし、高いびき。さらに片方の「共有肘掛」を独占され大変窮屈な道のり。(とはいえ自分もほとんどの時間をヨダレを垂らして寝ていけど)

約5時間、京都につく。快晴。でも東京より若干空気が冷たいです。

渉成園の裏手にある、小さな素泊まり宿「千鳥」さん
インターネットで5000円以下の宿で検索したところもっとも評判のよかった宿です。

駅から歩くと少しかかる。お腹もすいた。タバコも吸いたい汗
最初はスーツケースとA-Bikeを担いで歩いていたが、結構しんどい。

ここで横着してやろうとA-bikeでの牽引を試みる。これがバッチリ。

スピードを上げると車輪が外れないかとか、中のPCは大丈夫かとか、そもそも荷を落とすことはないかとか、心配は多いが快適である。だいぶ恥ずかしいスタイルゆえ市中で視線も気になります。

千鳥さんについたのがちょうど12時。

評判どおりの感じのいいおばさんが出迎えてくれる。

「東京から自転車で来たの〜?」

んなわけないっしょww

荷物だけ預かってもらい、すぐ出発します。

まずは広隆寺へ。→つづく。
Share |
| 奈良・京都を見仏する | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://kenbutu.chan.boo.jp/trackback/1032449
トラックバック